@BMX専門のZ.E.N DISTRIBUTION

BMXのかっこよさと楽しさを伝えるZ.E.N Distribution / BMXライダーによるBMX専門輸入代理店


NEWS / ニュース

| new  << >> old |

Snake Biteに掲載された南悠麻(ユーマ)のインタビュー和訳版

December 26, 2016

yuma minami,Snake Bite,interview

ひと月ほど前に、メインストリームにこだわることなくコアな情報を配信するSnake Biteにインタビュー記事が掲載されたUNITEDジャパンライダーの南悠麻(ユーマ)が、その内容を和訳してくれたので、みなさんにお知らせします。

Snake Biteとは、オールド・ミッド・ニュースクールと長年BMXシーンに関わり、ポートランド唯一のBMXショップであるGoods BMXを経営するShad Johnsonが運営するちょっとコアなBMX情報サイトです。

Shadは、バンクーバーからポートランドへと足を運んでいたユーマを受け入れたローカルライダーのひとりでもあり、現地ではショップも経営する兄貴的存在でもあります。そんな彼がユーマをインタビューした記事はこちら。写真もShad本人がユーマとスポットやアングルなどを相談しながら撮っていったものです。

掲載されたインタビューは全文が英語だったこともあり、その内容に目を通していなかったり内容がよくわからなかった人もいるかもしれません。思いの全てをこのインタビューで伝えることは難しかったかもしれませんが、『彼がなぜバンクーバーへ行ったのか?』『現地でどんな経験をしどんなことを得てきたのか?』など、カナダとアメリカの両国でリアルなローカルシーンに触れてきたからこそ感じた何かを、少しでもみなさんに伝えることができたらうれしいです。

yuma minami,Snake Bite,interview

和訳 : Yuma Minami Interview | Snake Bite


ユーマ、きみは結構な頻度でバンクーバーとポートランドを行き来してたね。何を求めてこちらに乗りに来てたの?

僕は、今までに一度もノースアメリカに行ったことがありませんでした。大きくてリアルなBMXシーンがあることは知ってました。ワーキングホリデー制度があり、アメリカも近かったからカナダのバンクーバーを選びました。そして引越した後、仕事をしながらライディングしていました。もっと世界を知りたかったので、英語とBMXの練習を沢山していました。僕は普段からスケートパークで乗っていたけど、ノースアメリカのスケートパークは日本のものよりとても大きく、角度も立ってました。僕がバンクーバーにいる時に、アメリカのポートランドに住んでいる日本人の友達(先輩)のチンピラさんが、ポートランドのBMXシーンを沢山教えてくれました。ポートランドには、かなりカッコいいシーンとスケートパークがあって、大きな衝撃を受けました。バンクーバーと同じ様に!僕はとてもラッキーで、行く前はそういう色んなシーン環境を知らずに行ったし、沢山の友達、沢山の思い出がバンクーバーとポートランドでできました!必ず戻ります!

yuma minami,Snake Bite,interview

スピードがあってエアの高い君の乗り方とスタイルが、ノースウェストに合っていたみたいだね。向こうではどんなライダーと乗るのが良かった?お気に入りのスポットは?

友達のコーリー・ウォルシュにはかなり刺激をもらっていたよ!彼はめっちゃ早いし、めっちゃ飛ぶ。僕らはバンクーバーで出会って、コーリーは色んなところへ僕を連れて行ってくれたり、最高の思い出を作ってくれました。お気に入り場所はヘイスティングス・スケートパークとバーンサイド・スケートパーク。二ヶ所とも見た目がヤバくて、あんなのは見たことがなかった。難しいけどとても楽しかった!もう早く戻りたい!ノースウェストは僕にベストな場所です!

yuma minami,Snake Bite,interview

日本には大きなフラットランドのシーンがあるよね。フラットランドをしていたことはないの?なにがきっかけでパークで乗りはじめたの?

僕は最初に2003年から2005年にフラットランドをしてました。家の近所にスケートパークがあって、行ったら楽しくてパークライディングがはじまりました

yuma minami,Snake Bite,interview

家の近くのスケートパークはどんな感じなの?君の写真でひとつヤバいコンクリートパークを見たことあるけど、日本にはコンクリートパークが沢山あるとは思わないんだけど?

近所のローカルパークはコンクリートで、2011年に出来ました。最近は多く作られてきているだけど、だいたいはお金を払わなくてはいけないし遠いとこもある。安全を考慮してか小さかったりするけど、とても良いパークも沢山あります!

yuma minami,Snake Bite,interview

えーと、東京に帰ってからのプランは?ずっとそっちにいるのか、それとももっと旅をしたい?

東京に帰ってきて、仕事をしてお金を貯めて、またノースウェストに戻ります。きっとまたバンクーバーに住むと思う。それまでは日本のヤバイ所に乗りに行きたいとおもっている。目標は、日本とアメリカを行き来して、みんなに日本の良い所を伝えていきたいです!あとは向こうの友だちと日本のトリップもしたい。

yuma minami,Snake Bite,interview

ノースウェストで君が乗ったスポットのトップ5は?

ヘイスティングス、ボンサー、バーンサイド、ウェストリン、タイガード

トップ5ライダーは?

Mike Aitken, Joe Rich, Justin Inman, Corey Walsh, Andy Merrall

yuma minami,Snake Bite,interview

乗っていないときは何をしてるの?

友達とビール飲んだり、音楽やBMXのビデオを観てる。ポートランドにいる時はヘビメタのライブショーにハマってた!

yuma minami,Snake Bite,interview

イイねぇ! 君がこっちへ戻ってくるのが待ち遠しいよ!ありがとうと伝えたいひとはいるかい?

みんなにありがとうと伝えたい!バンクーバーの友達、Atlantis BMXのクルー、 3rideのクルー、ポートランドの友達、Goods BMXのクルー、みんなで僕に最高の時間を作ってくれた!それとBrian Huntにありがとうと伝えたい。 彼は、僕が1人でオースティンに行って一緒に乗りに行った時に、あごを怪我してしまって、全てケアしてくれた。みんな、本当にありがとう!

yuma minami,Snake Bite,interview

Photos: Shad Johnson / Snake Bite

ユーマは、昨年の7月に単身でカナダのバンクーバーへと渡り、今年の10月に帰国。バンクーバーのローカルBMXシーンに親しみ、その足跡のひとつとして現地のフィルマーの協力によって帰国の1ヶ月前に下の映像を公開したのでした。



渡った先のバンクーバーやカナダ国内の素晴らしさは、滞在中のユーマからたびたび発信されてきたのInstagramなどの写真や映像から目にし感じていた人がたくさんいたことでしょう。そして、時折現れていたアメリカ西海岸のワシントンやポートランドでのできごともBMX大国を肌で感じるユーマの生活を感じさせるものでした。

中でもポートランドでのできごとは、訪れる頻度からして彼のお気に入りの街であったことは言うまでもないでしょう。本人が気に入るのみならず、ローカルライダーとの親交を深め、そのシーンの一人としても数えられるに至っていたことを筆者(※由谷)が9月にポートランドに滞在した2日間でも大いに感じることができたのです。

BMXやスケートボードを愛するものならば耳にしたことのある人も多いと思われる『バーンサイド・スケートパーク』。特にコンクリートスケートパーク愛好家から聖地のひとつとして数えられることの多い場であり、ローカルによるDIYコンクリートパークの雄としても数えられるこのパークにおいて、ローカルBMXライダーのみならずスケーターからも親しまれる存在になっていたことは驚きでした。パークに到着しても現場にいる多くはスケーター。彼らと自然に挨拶や会話を交わす姿は、なんともたくましく思えたのです。

かつてバーンサイドについて耳にしたのは、『ローカールのスケーターはBMXライダーを嫌う』や『スケーターの少ない午前中に乗れるだけ』。ローカルによるDIYからスタートしてこのパークも昨年には晴れてパブリックの場となったとはいえ、原則としてスケートボードの使用に限られているのは変わっていないものの、幸いにも、BMXライドは午前中に済ませるという暗黙のローカルルールが息づいているそうです。

BMXライディングに関わらず、国外へ赴き異文化の中で得られる様々なこと経験することは、見聞を広め、人を成長させる手段のひとつだと思います。当然、国内の生活で得ることも可能です。しかし、憧れをもち、遠く離れた日本からではその表面のほんの一部しか感じることができない国外のシーンに身を置く経験は、言語や文化の違いもあり、更に成長を促進させる経験になるでしょう。

UNITED - [ フレーム、パーツ ]


Z.E.N Distro

RELICからTシャツが入荷です。

December 21, 2016


アメリカのテキサスからRELICのTシャツが入荷しました。ロングスリーブが一型にショートスリーブが二型です。

冬にTシャツというと少々季節外れな感は否めませんが、ライディングのモチベーションアップやブランドへの愛を込め、冬であってもたくさんのBMXライダーがインナーとしてTシャツを着用していることでしょう。そして、ライディングで身体が暖まればアウターを脱ぎTシャツに。そんなライダーも少なくないでしょう。

生産数も国内への納入も限られた内容です。この機会をどうぞお見逃しなきようお願いいたします。

RELIC - CREATION T-SHIRT

US製 / サイズ: S, M, L, XL / カラー: BLACK
価格: ¥3,600(税抜)

RELIC - HIEROPHANT T-SHIRT

US製 / サイズ: S, M, L, XL / カラー: SILVER
価格: ¥3,600(税抜)

RELIC - APEX LONG SLEEVE T-SHIRT

US製 / サイズ: S, M, L, XL / カラー: BLACK
価格: ¥3,600(税抜)



RELIC BMX


Z.E.N Distro

大霜優馬(ユーマ)がInstagramでプレゼント企画を開催中!「#bmx部プレゼント」と一緒に投稿された動画から抽選です。

December 14, 2016

二学期末になり中学校生活も残すところ3ヶ月ほどとなったRADIOジャパンライダーの大霜優馬(ユーマ)が、Instagramのハッシュタグ「#bmx部」の投稿件数が5000を超えたことを記念してプレゼント企画をスタートしてます。

yuma oshimo

ハッシュタグを用いることで、ユーマが楽しむBMXライディングをより多くのライダーや身の回りの人たちと共有し、共感したり刺激し合ったりすることにより、本人も含めみなが発展していくことを願い「#bmx部」でのInstagram投稿をスタートしたとのこと。
チームや仲間からの発信というよりは、共有し共感する者同士の意識の繋がりというところでしょうか。

さて、今回の企画。ハッシュタグ「#bmx部プレゼント」と一緒に「20秒以内の自転車関係映像」をInstagramへ投稿し、抽選でユーマがサポートを受ける各社から提供されたプレゼントをゲットできるというもの。
ZENからは夏に再販したTシャツをプレゼントとして提供します。

投稿期間は12/12〜12/25。どんな投稿が集まるのか、楽しみです!

#bmx部プレゼント - Instagram

投稿期間: 2016年12月12日〜25日

<<エントリー方法とルール>>

「#bmx部プレゼント」と一緒にInstagramへ動画を投稿してください。
20秒以内の自転車関係の動画を投稿してください。
プレゼント抽選の対象は期間中の投稿に限ります。

<<抽選方法>>

ユーマが投稿された動画のユーザーネームをそれぞれ一枚の紙に書き抽選箱に集め、箱の中で混ぜながら紙を引いていく様子を動画撮影しInstagramへ投稿します。
※動画は公開されます。
→プレゼントの内容はこちらから


お待たせしました! 告知です!! 《#bmx部プレゼント》 明日、12月12日から12月25日までの期間で #bmx部 投稿数5.000件突破記念(既に6,000件を越しそうです笑)プレゼント企画、その名も #bmx部プレゼント を開催します! エントリー方法は簡単! #bmx部プレゼント というハッシュタグをつけて"動画"を投稿すれば完了!ただし条件が二つあります。 其の一、動画は"20秒以内"で自転車関係のものである事 其の二、投稿期間中の投稿である事 この二つです!条件に満たしている投稿全てがプレゼントの対象となり、当選者決定は抽選で行います! 抽選方法です。僕が投稿された物を確認し紙にユーザーネームを書きます。それを最終的に箱の中でごちゃ混ぜにして動画を撮りながら引いていきます!(動画は公開します) つまり投稿するだけで豪華景品が当たるチャンスなのです!詳しい抽選方法等はまた再度投稿します。 気になるプレゼントですが今回は僕がお世話になっているスポンサー様とYBP様から豪華な協賛品を頂く事ができました! ZEN Distribution様 Flourish bmx shop様 Bern Japan様 CREDIT Racing様 株式会社アドプランニング様 YBP project様 本当にありがとうございます! 次の投稿に景品についての詳しい内容をアップします!この後すぐに公開しますので是非チェックを!! また兄弟共々お世話になっています、930BMX様も本当にありがとうございます! 今回のこのイベントは僕一人でなくスポンサー各社様、そしてこれまで支えてきてくださったbmxライダーの皆様のおかげです!感謝の意味もたくさんこもったこのイベント、皆様の参加、お待ちしております!! またこの企画はInstagram内のみの物とさせていただきます、ご了承願います。

大霜 優馬さん(@yuma_oshimo)が投稿した写真 -



RADIO 2016 - [ 完成車 ]


Z.E.N Distro

あの歓喜よ再び!PRUGIA CUP(ペルージャカップ)当日の映像がオフィシャルから公開!

December 13, 2016



まだまだ暖かった体育の日に東京で開催されたPERUGIA CUPの1日をまとめた映像が公開されました。
当日に開催されたキッズ、シニア、オープンの各クラス、そしてZENで協賛開催を行ったSTEEP & TIGHTや名物の一斗缶飛びの様子など、多くのライディングを収めた内容です。

会場にいながらも見逃してしまったライディングがある人や、雨による順延により残念がらも参加できなかったライダーも、要チェックです。

WETHEPEOPLE 2017 - [ 完成車 ]


Z.E.N Distro

マジャがフレームカラーを一新。ECLATパーツを組み込んだバイクチェックを紹介です。

December 12, 2016

daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

先日マツケンが公開したエディットにも登場したECLATジャパンライダーの眞謝大輔(マジャ)が、ALIVE INDUSTRYでラインナップするシグネチャーフレームの塗替えを機に愛用のECLATパーツを一新。

daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

撮影時に夕暮れだったこともあり、その輝きをきれいに紹介することができないことが心残りですが、控えめながらも光の加減によってパールに輝くライトグレイのフレーム塗装は、千住ローカルにはおなじみの松本自動車鈑金工業代表の手によるもの。ニューモデルのRAVENリムやハンドルバーをしっかりと固定するBURNSステムなどを選択しセットアップしてます。

以下に続く写真から眞謝のバイクをチェッくしてください。

クランプ部は幅の広めに設計し、かっちりとバーを加えるSen Burnsのシグネチャーステム
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

マジャは、たわみの少ない比較的細身なグリップを好み、最近ではステムに同じくSean Burnsのシグネチャーグリップをチョイス。
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

片面に4本のスチールピンを装備し、その他のプラスッチクピンがすり減ってきてもソールへの食いつきが安定しているCONTRAペダル。
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

見つけたスポット周辺の路面が荒れてたとしてもグリップが確保できるように、フロントにはアグレッシブなトレッドパターンのCOMMANDを。
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

そしてリアにはオールラウンドに使いまわせるCONTROLをセット。
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

ハブフランジとドロップエンドとのクリアランスを広く設計し、グラインド時にフランジやスポークを傷めにくいDYNAMICフロントハブ
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

リアには、1枚あたり2ポイントの山がガッチリ安定してラチェットにかかりそしてスピードも抜群なDYNAMIC
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry

その他にも各部の写真を用意したのでチェックしてみてください。

daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry
daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry daisuke maja,bikecheck,eclat,aliveindustry



フレーム : ALIVE INDUSTRY ACORRCROW 2 - 21"
フォーク : ALIVE INDUSTRY SURVIVE - 33mm
ハンドルバー : ALIVE INDUSTRY SURVIVE - 8.3"
グリップ : ECLAT SEAN BURNS - 155mm x 29mm
ステム : ECLAT SEAN BURNS - 50mm x 23mm
ヘッドセット : SALTPLUS ECHO INT.
ジャイロ : -
レバー : -
ブレーキ : -
クランク : ECLAT TIBIA - 175mm
BB : ECLAT MID - 22mm
ペダル : ECLAT CONTRA
チェーン : ECLAT STROKE
スプロケット : BANNED BUDSAW - 28T
フロントハブ : ECLAT DYNAMIC
リアハブ : ECLAT DYNAMIC - 9T
フロントガード: ECLAT CORTEX/DYNAMIC NYLON
リアガード: ECLAT PULSE/DYNAMIC CRMO/NYLON
ドライバーガード: -
フロントリム : ECLAT RAVEN
リアリム : ECLAT RAVEN
シート : ECLAT OZ PIVOTAL - FAT
シートポスト : ECLAT TORCH OFFSET
シートクランプ : -
フロントタイア : ECLAT COMMAND - 2.35"
リアタイア : ECLAT CONTROL - 2.35"
ペグ : ECLAT SLOTMACHINE

ECLAT 2017 - [ パーツ、アパレル ]


Z.E.N Distro

| new  << >> old |

CONNECT

    INSTAGRAM: PICK UP PARTS(#zenparts)
    #zenparts

RIDERS BLOG / ブログ

SALTPLUS STEALTH PEDALS

南 悠麻 (YUMA)

Trip to Korea

大霜 優馬 (YUMA)

Z.E.N distributionツアー

田中 海到 (KAITO)

>>過去のブログはこちら


2017 BMX / 完成車

WETHEPEOPLE

FRAME / フレーム


PARTS / パーツ