ゲットー修理方法 – Part1 by 西野 正人 (NISHINO)

こんっちわー!
今日は自分がたまにやっているゲットーな修理方法を少しだけ書きます。
ホントはすぐにショップで新品にってのがベストなんだけど、
街で乗ってる時やショップに行けないタイミングの時の
応急処置って感じなんで、参考までにど〜ぞ。


■タイヤのサイドが切れた時


リム打した時、チューブはパッチ修理で直るけど、
タイヤが裂けてるとすぐに交換しなくちゃならない。
でも、行った先のスポットの近くにショップが無い時は面倒。
そんな同じ状況が起きた人には役に立つかも??(わからんけど)
自分は、応急処置としてやる事もあるよ。
 
グラインドやリムうちでサイドが破けた場合はこれ!

縫う!!縫う!!縫う!!

タイヤは硬いから少し太めの針を使って、隙間が無いようにね。
糸なんだけど色々試した結果、
タコ糸はグラインドした時にすぐに擦れて切れちゃうんだ。
(今回使用したのはタコ糸です。実家に置いて来ちゃったw)
だからお勧めは、釣具の糸でPEラインってのがある。
細くて擦れに強くて、しなやか。
(非常用に持っておくと助かるよ)
これでサイドはOK!


■タイヤのトップが切れた時


地面との接地面が破けた場合は縫うとすぐに擦り切れるので、
裏側からガムテープかスッテカー!
この時注意しないといけないのがステッカーなんかだと、
タイヤの中でチューブとステッカーが擦れてパンクする可能性あるから、
うまく摩擦を減らすんだ。
自分はベビーパウダーを使ってた。
これなら街で乗ってるときになんとか乗り切れるかもしれない。
 
そして切れてる範囲が大きい場合は、
いらないタイヤを小さく切って内側から入れて乗ってた。
乗っててポコポコするけど、案外いける。


今これを書いているうちにも、BMXはずっと進化してるなって思った。
軽くて壊れにくい。
タイヤだって軽くなっていて破けずらく、グリップもUPして気圧も入る。
すっごい進化だと思う。
今後のBMXに期待だね〜。
 
今度は他のゲットー修理方法を書くねw