ショータがMERRITTジャパンとしてパーツの使用をスタート。WETHEPEOPLEのニューフレームに組み込まれたバイクをチェック。

shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx

先月に公開されたビームスの40週年を記念するミュージックビデオや先日から配信の始まったGoogleのCMなど、他業界でも露出の機会がある比嘉勝太(ショータ)がニューモデルのフレームへとスウィッチ。それに合わせ、MERRITTジャパンとしてパーツの使用をスタートしました。

まずは、MERRITT発足時からラインナップされるステムのINAUGURAL TOP LOAD

shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx

そしてSL1レザーシートシートポスト

shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx

さらに、ライズが8.5″のBRAD SIMMSバーと、ソフトコンパウンドでにぎり心地の良いCROSSCHECKグリップ

shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx
shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx

フレームはWETHEPEOPLEのBUCKフレームからPATRONフレームを選択。

shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx

今まで 現在
トップチューブ長: 20.75" 20.75"
チェーンステイ長: 13.35"-13.75" 13"-13.5"
ヘッドチューブ角: 75.5° 75°
BB高: 11.8" 11.65"
フォークオフセット: 25mm 28mm
スタンドオーバー: 9.125" 9"

トップチューブ長が同じ場合、ヘッド角が寝てBB高が下がれば挙動は落ち着くと一般的に考えますが、今回ショータは軽快感を感じたようです。

同じトップチューブ長であってもスタンドオーバーハイト(シートチューブ長)が若干短くなることで、実際にはわずかながらリーチが短くなります。さらに、短縮したチェーンステイ長と合わせることで、よりホイールベースが短くなったと考えられます。

shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx

また、フォークオフセットが変わったことでBBからフォークのドロップアウトまでの距離は伸びても、チェーンステイ長の短さがそれを上回り、トータルで10mmほどのホイールベース短縮となったようです。

加えて、今回のヘッド角とフォークオフセットの組み合わせがショータ好みのハンドリングとなり、より車体の軽快感を感じているかもしれません。

shota higa,bikecheck,wethepeople,merritt,bmx

さて、MERRITTジャパンとしてモチベーションのますます上がるショータのバイクチェックですが、以下のリンク先からその他各部の写真がチェック可能です。バイクセットアップの参考にチェックしてみてください。

→ショータのバイクチェックはこちらから

↓↓こちらが先日配信の始まったGoogleのCM。「テールウィップの画像」